工學博覧会

企画詳細

工學博覧会は工学部計数工学科・物理工学科の有志により運営されている学科企画で、メンバーが両学科で日々学んでいる物理・数学・情報に関する学術的な展示を行います。今年の工學博覧会は、計数工学科の「アルゴリズム班」「シミュレーション班」「画像処理班」、物理工学科の「光班」「流体班」「相転移班」「プラズマ班」の7班からなり、それぞれの班がテーマにそって展示を準備しています。計数工学科ではパソコンで実際に作品に触れてもらいながら、物理工学科では実験のデモを見てもらいながら、説明をする企画形態を取っており、どなたでもお楽しみいただけるような学術企画を目指しています。ぜひ気軽にお越しになってください。

場所・時間

工学部6号館工64,セミナー室A~D、輪講室B,C

時間:終日

会場案内図はこちら

団体紹介

東京大学工学部物理工学科・計数工学科有志一同

工学部応用物理系二学科(物理工学科・計数工学科)に所属する学生により運営されています。普段は工学部6号館で情報・数学・物理を学んでいますが、工学部主催イベントや学園祭などの際には有志を募って、普段学んでいる知識を活かした展示活動を行っています。

https://apmayfes2013.wordpress.com/