飲酒について

五月祭でお酒を飲むには、アルコールパスポート(アルパス)が必要です。
昨年に引き続き、今年の五月祭でもアルコールパスポート制度を実施します。

五月祭でお酒を購入する場合だけでなく、キャンパス外で買ったお酒をキャンパス内に持ち込む場合も必要です。

未成年者飲酒、及び飲酒事故防止にご協力をお願いします。

アルコールパスポート(アルパス)とは

アルパスは、五月祭でお酒を購入したり、キャンパス内にお酒を持ち込んだりする人が身に着けるリストバンドです。

アルコールパスポート発行所(正門付近)、工学部案内所、農学部案内所の3か所で発行します。

アルパスがなければ、模擬店等でお酒を購入することはできません。

発行の際には、免許証・学生証などの顔写真付きの本人確認書類で年齢確認をします。

なお、アルパスの発行には、同意していただかなければならない事項があります。詳しくは 来場者同意書 をご確認ください。

酒類を購入するとき

模擬店等でお酒を購入する際には、アルパスを担当者にはっきりと見えるように呈示してください。

お酒の飲みすぎにはお気をつけください。

有効期限・再発行について

アルパスは発行当日に限り有効です。 破れたり、はずれたりした場合は失効となります。

再発行を希望される場合は、再度発行場所へお越しください。 ただし、泥酔されている場合など、アルパスを発行しかねる場合がありますので、ご理解をお願いします。

注意事項

  • アルパスの譲渡は一切できません。
  • 車両を運転する可能性がある方は絶対に飲酒をしないでください。
  • お酒を購入、あるいは所持する際には、常にアルパスを身に着けてください。
  • 体調には常に気を配り、過度の飲酒はされないようお願いします。