7月の選挙の話をしよう

この企画は学術企画です。

学問的背景と企画概要

選挙権年齢が18歳に引き下げられる歴史的な年となる2016年、東京大学新聞社は2ヶ月後に迫る国政選挙に真っ向から向き合います。政治家と学生によるパネルディスカッションを通じて、来場者の方々と一緒に若者政策について考えを深めていきます。

企画詳細

「聞くところによると、今年7月の選挙から18歳以上の人みんなが投票に行けるらしい。ってことは、日本の大学生は全員有権者になるのか。若者の低投票率が問題だってニュースもよく聞く。でも、政治のことって何だかよくわからないな…」 そんな方のため、今回、私たちは与野党の若者政策に詳しい国会議員と注目の政治系学生団体の代表をお呼びし、パネルディスカッションを開催します。学生に関わりの深い奨学金や子どもの貧困といった問題を中心に、登壇者に遠慮なく質問していきます。 参加者の皆さんからも意見をいただきながら議論を進めるので、政治家に聞きたいことがある方、15日の午前はぜひ法文1号館22教室へ。これを聞けば、もう投票先には迷わない!?

企画(又は団体)HP:https://www.facebook.com/events/800150660091327/

場所・時間

場所:安田講堂エリア 建物:法文1号館(東) 詳細場所:法22

時間:5月Sun May 15 2016 10:30:00 GMT+0900 (JST)Sun May 15 2016 10:30:00 GMT+0900 (JST)からSun May 15 2016 12:30:00 GMT+0900 (JST)

全体地図はこちら

団体紹介

東京大学新聞社

東京大学新聞は1920年創刊の学生新聞で、これまでに株式会社「リクルート」の創業者・江副浩正氏や映画監督の想田和弘氏など、多彩な人材を輩出してきました。 現在は紙面の週刊「東京大学新聞」とweb版の東大新聞オンライン、2つの媒体を通して、東大の関連ニュースや、学生・教授・卒業生のインタビューなどを記事として発信しています。また、学園祭などの折には、東大に関連したイベントを開催します。東大新聞にご興味をお持ちの方は、下記のサイトをお訪ねください。 http://www.todaishimbun.org/

●企画の場所、時間等は変更になる場合があります。

●企画詳細、団体紹介および団体ウェブページの掲載内容に関する責任はすべて企画にあります。

●各企画に関する文章・画像などの複製・無断転載は禁止です。