地球と惑星の物語

この企画は学術企画です。

学問的背景と企画概要

地球惑星物理学科では、台風、地震、火山活動、オーロラなど、実際に地球や惑星上で起こる現象と原理について研究しています。この企画ではそれらについて、ポスターや実験、シミュレーション結果を用いて、分かりやすく展示・解説するだけでなく、景品付きのクイズも実施します。私たちの身近におこりうる自然現象について学んでみませんか?

企画詳細

私たちの暮らしている地球や、その周り・他の惑星が、どのように誕生し、変化し、どんな現象をもたらしているのか。そのメカニズムを物理で解明するのが地球惑星物理学です。今年のテーマは、「台風とエルニーニョ」「地震の発生」「火山噴火」「宇宙プラズマ」。最先端の研究にも使われている装置を用いた演示実験やシミュレーション、学生によるポスターの解説を用意しています。地球や惑星で起こる自然現象を身近に感じてみませんか。

場所・時間

場所:安田講堂エリア 建物:理学部1号館 詳細場所:理331、理336

全体地図はこちら

時間:5月14日 終日

時間:5月15日 終日

団体紹介

東京大学理学部地球惑星物理学科

理学部地球惑星物理学科では、地球や惑星の上で生起する様々な現象を、物理の手法で解明することを目的に学んでいます。

●企画の場所、時間等は変更になる場合があります。

●企画詳細、団体紹介および団体ウェブページの掲載内容に関する責任はすべて企画にあります。

●各企画に関する文章・画像などの複製・無断転載は禁止です。