五月祭公式ロゴ

東大オケ五月祭特別演奏会


団体名

音楽部管弦楽団

団体紹介

当管弦楽団は1920年、東京帝国大学音楽部として発足しました。 当時はオーケストラといえば、宮内省や上野の音楽学校の他には九州大・慶應大などいくつかの大学にあるに過ぎず、プロのオケはまだ誕生していませんでした。 その後楽器や楽譜の調達に苦労しながらも発展し、大正から昭和初期にかけては本邦初演の曲も少なくなかったとのことです。 戦後本郷とは別に旧制一高のオケを前身として駒場にもオケが誕生して、最初は別々に演奏活動を行っていましたが1953年に合併しました。 昭和30年代(1955年以降)に入ってから著しい発展を遂げ、特に1959年に早川正昭氏が常任指揮者に就任して以来近代曲なども意欲的に取り上げるようになり、部員も増え昭和30年代末までには100人を越えるようになりました。 そして1966年にはヨーロッパ演奏旅行を行い好評を博しました。 その後東大紛争下の新入生の募集停止による部員減少などを始めとする数多くの困難に直面しましたが、現在では約130人の部員を擁する大規模なオーケストラへと発展しています。 創立以来近衛秀麿・柴田南雄・別宮貞雄・早川正昭の各氏をはじめ音楽界に数多くの人材を送り出しており、また102回の定期演奏会をはじめ演奏旅行も多数行なっています。

団体ウェブサイト:http://www.ut-orch.com/

企画紹介

今回の企画では、親しみやすい曲から著名なクラシックまで幅広く扱います。 クラシックやオーケストラというと固い、眠くなりそうという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、今回の演奏会ではそんな方々でも楽しめる曲を演奏いたします。 チャイコフスキーのバレエ組曲「白鳥の湖」のような超有名曲からハリーポッターのテーマ曲まで、誰もが聴いたことのある、楽しくて素敵な曲を取り揃えています。普段クラシックを聴く方にも、クラシックを聴いたことがないという方にも楽しんでいただけることと思います。 We will hold a classical concert during this May Festival. Some might perceive classical music as "difficult" or "boring", but this concert will be enjoyable for anyone.

場所・時間

場所:安田講堂

5月20日(土):

5月21日(日):16:45-18:00 (16:30開場)

キャンパスマップはこちらからご確認ください。

東京大学本郷・弥生キャンパスマップ(pdf形式 1.3MB)

・企画の場所・時間等は変更になる場合があります。

・企画紹介、団体紹介、団体が独自で公開しているウェブサイトの掲載内容に関する責任はすべて企画にあります。

・企画に関する文章・画像等の複製・無断転載は禁止です。

検索画面へ戻る