五月祭公式ロゴ

PhysicsLab.2017


団体名

東京大学理学部物理学科

団体紹介

「東京大学理学部物理学科」は、砂粒よりも、原子よりもちいさな素粒子の世界から、頭上に広がる大宇宙まで、この世のすべてのものを解き明かすため研究活動を行なっています。2015年にノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章先生をはじめとする数多くの優秀な研究者を輩出し、世界でも最大規模の物理学の研究教育拠点として、この世界への理解を一歩一歩深め続けています。

企画紹介

不思議なことは、身の回りにあふれている

「物理」と聞くと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。バネの先に取り付けられて揺れている積み木でしょうか?それは大学入試の問題です。たとえ受験のイメージはなくても、物理と聞くと「難しそう」「自分とは縁がなさそう」などというイメージを持つ方も少なくないかと思います。けれども実は、身の回りのありふれた出来事にも面白い物理現象が溢れているのです。

「PhysicsLab.2017」では、何気ない出来事に潜む不思議を、みなさんと一緒に実験を行いながら物理を用いて解き明かしていきます。物理に興味がある方も、苦手意識がある方も、物理学がもたらす感動を体験してみませんか?

極限の世界に常識は通じない

冬の北海道の平均気温は-3.6℃で、冷凍庫の温度は18-℃です。 低温の 代名詞とも言える液体窒素の温度は-196℃です。

「PhysicsLab.2017」では、それよりもずっとずっと低い-269℃の世界を皆さまにお見せします。極限の世界におかれた物体は、普通では考えられないような動きを見せてくれます。

また、物体をどんどん細かく砕いていくと、どこかでそれ以上砕けなくなるときがやってきます。そんな小さな世界で、我々の常識が通じない様子をご覧ください。

企画情報

場所:理学部1号館2階理201a、理201b、理205、理206、理231、小柴ホール

5月20日(土):

5月21日(日):

ウェブサイト:http://event.phys.s.u-tokyo.ac.jp/physlab2017/

Twitter:https://twitter.com/PhysicsLab_2017

Facebook:https://www.facebook.com/physicslab2017/

こちらの企画もおすすめ!!