五月祭公式ロゴ

第13回東京大学五月祭記念弁論大会


団体名

第一高等学校・東京大学弁論部

団体紹介

「第一高等学校・東京大学弁論部」はなんと100年以上もの歴史のある東京大学法学部公認の団体です。元首相や元東大総長を輩出しており、その由緒正しさは折り紙付きです。「議論の空間を創造する」という理念を掲げ、弁論とディベートを中心に活動を行っています。なお、弁論は「演説」、ディベートは「討論」に置き換えて考えると理解しやすいと思います。それらの表現方法を通じて、「自分の考えを他人に伝える力」を日々鍛えているそうです。

企画紹介

弁論大会に参加する聞き手

例年と同様、今年も「弁論大会」を企画しています。今年で13回目ということで、歴史も積み重ねられてきています。東京大学以外の学生弁論団体からも弁士を迎えて、どの弁士がより良い弁論を展開できるのかを競います。弁論と聞くと、弁士から聞き手に一方通行で話されるものだとイメージする方が多いと思われます。しかし、実際はそうではなくて、聞き手も弁士に質問を投げかけたり、ヤジを飛ばしたりすることで、弁論をより豊かなものへと変えていくことができます。弁士の主張を聞きながら、聞き手も弁論に参加することで、弁論の奥深さや弁士の熱意をより強く感じられるのではないでしょうか。

テーマはさまざま

弁論大会で主張されるテーマはさまざまです。昨年は、議院内閣制・首相公選制のような国内政治の問題や北方領土問題のような外交の問題などが取り上げられ、たいへん盛況となりました。このような社会科学的なものだけではなく、自然科学的なものも取り上げられることがあるそうです。今年のテーマはどのようなものになるのかは、実際に足を運んで確かめてみてください。

「第13回東京大学五月祭記念弁論大会」で、大学生の高度に知的な営みに触れてみるのはいかがでしょうか。

企画情報

場所:法文1号館(東)1階法22番教室

5月20日(土):

5月21日(日):

ウェブサイト:http://utbenron.com/

Twitter:https://twitter.com/Todai_Benronbu

Facebook:https://www.facebook.com/utbenron/

こちらの企画もおすすめ!!