五月祭公式ロゴ

~生命をデザインする~


団体名

東京大学工学部丁友会iGEM UT-Tokyo

団体紹介

「東京大学工学部丁友会iGEM UT-Tokyo」は、合成生物学の世界大会iGEMでの優勝を目指して、合成生物学の研究を行っています。今回「~生命をデザインする~」の準備をしているのは、東大生だけではありません。全国各地のiGEMへの参加を目指す大学生チームが五月祭に集結し、世界大会で行っているものと同様のハイレベルなポスターセッションを行います。

企画紹介

なにをやっているの?

「iGEM UT-Tokyo」が挑戦し続けているのは、合成生物学という学問です。合成生物学とは、遺伝子操作を用いて今までにない新しい機能を持った生物をデザインしようとする、近年になって確立された新しい学問です。主に観察や分類を行っていた従来の生物学とは全く違う、今までになかった世界を少し体験してみませんか?

個性豊かな大腸菌たち

「iGEM UT-Tokyo」は、毎年iGEMのために個性豊かな大腸菌を産み出しています。2013年には大腸菌でアナログ時計を作成。昨年には、分裂するたびに色が変わる大腸菌のデザインをしました。彼らは今、どんな面白いものをデザインしているのでしょうか?

企画情報

場所:工学部3号館3階演習室4

5月20日(土):

5月21日(日):

ウェブサイト:http://igem-ut.net/

Twitter:https://twitter.com/UT_Tokyo

Facebook:https://m.facebook.com/IgemUtTokyo/?locale2=ja_JP

こちらの企画もおすすめ!!