場所
工学部8号館 教授会室
時間
5月20日(日):13:00-14:30

カイコの新しい実験動物としての利用

従来、医学や薬学の研究にはマウスやサルなどの哺乳類が用いられてきました。しかし、飼育コストや倫理面での改善が望まれていました。その問題を解決する新たな実験動物として、日本古来の家畜のカイコが見出されました。人間とカイコは見た目が全く違いますが、薬に対する応答に類似点があることがわかりました。この講座では、絹糸の採集のためだけではなく実験動物としてカイコを利用することの利点やカイコを利用した研究で得られた成果について紹介します。カイコを利用したこれからの医学・薬学実験の可能性を考えてみましょう。