この記事をご覧になった皆さまの中には、東大への入学を志している中高生の方々も多いことでしょう。そこで、そんな中高生の方々に特におすすめの企画をピックアップして紹介します。


学術企画

五月祭には、研究成果や普段の学習内容を発表する「学術企画」が数多く存在します。展示から講演会、参加型のものまでそのジャンルは幅広く、気軽に東大の知に触れることができます。詳細は、五月祭当日に各案内所で配布される「学術ガイドブック」をご覧ください。


模擬裁判

団体名
東京大学法律相談所
場所
安田講堂
時間
5月19日(土):12:00-14:00

東京大学法律相談所が今年で70回目を迎える裁判劇を披露します。法律の専門家からの監修を受け、法廷さながらのリアリティを追求しました。裁判がどのように行われているのか分かりやすくお伝えします。


医学フェスタ

団体名
東京大学医学部五月祭企画
場所
医学部2号館本館
時間
5月19日(土):終日 手術・実習体験/展示/映画企画など、13:00-14:30 医学部生とクイズ対決@3階大講堂、14:30-17:00 瀬尾先生講演会@3階大講堂、5月20日(日):終日 手術・実習体験/展示/映画企画など、14:30-17:00 医学部生の日常体験@1階小講堂

東大医学部生たちがVR体験や短編映画、講演会など20を超える数の企画を通して医学のリアルをお届けします。赤門正面の医学部2号館本館で医学を身近に、楽しく体験することができます!


10分で伝えます!東大研究最前線

団体名
東京大学大学院生詰め合わせ
場所
工学部3号館2階 31号講義室
時間
5月19日(土):終日、5月20日(日):終日

東大大学院の有志の学生たちが、多様な研究に関する「ちょっと面白い話」について誰でも楽しんで理解できるよう発表します。知らなかったことを学ぶ楽しさが、あなたを待っています。


公開講座

団体名
五月祭常任委員会
場所
工学部8号館 教授会室

東大生でなければ普段は聴くことのできない、著名な先生方の名講義。公開講座では、世界をリードする研究についての講義をどなたでもお聴きいただけます。身近な世界から広がる東大の学問を、あなたも体験しませんか。


「立憲主義と平和主義の邂逅――憲法学者・佐々木惣一の場合」

石川 健治 先生

時間
5月19日(土):15:30-17:00

「ガラス原板写真にみる幕末・明治初期日本」

保谷 徹 先生

時間
5月19日(土):13:00-14:30

「我が国の死因究明制度について」

岩瀬 博太郎 先生

時間
5月20日(日):10:30-12:00

「カイコの新しい実験動物としての利用」

関水 和久 先生

時間
5月20日(日):13:00-14:30

「仮想現実としての学校」

小玉 重夫 先生

時間
5月20日(日):15:30-17:00

未来の東大生応援プロジェクト

団体名
五月祭常任委員会
場所
法文1号館(西) 2階 文212
時間
5月19日(土):終日、5月20日(日):終日

東大への入学を志している「未来の東大生」の受験生活を手助けするのが、「未来の東大生応援プロジェクト」です。五月祭両日、中高生の皆さまを対象に、東大での授業時間割の作成体験や東大生によるトークショーといった企画を行います。さらに、大学での生活や勉強などについて、東大生に直接質問することもできます。


この他にも、中高生の皆さまにお楽しみいただける企画が勢ぞろい。五月祭公式ウェブサイトのさまざまな特集記事や、当日配布される公式パンフレットも合わせてご覧ください。