団体名
東京大学工学部社会基盤学科
場所
工学部1号館2階 フリースペース、土木設計演習室
時間
5月19日(土):終日、10:00-11:00 14:00-15:00 16:00-17:00 実験ツアー、13:30-16:00 都市スタジオ発表会、5月20日(日):終日、10:00-11:00 14:00-15:00 16:00-17:00 実験ツアー
Twitter
@civil_may2018

土木工学を扱う工学部社会基盤学科が、都市や災害といった専攻分野について、3パートに分かれて発表を行います。

展示パート―防災と現在巨大災害にどう立ち向かうか―

日本に生きる私たちは、さまざまな災害に向き合うことなしに生きていくことはできません。このパートでは、液状化現象や津波といった、日本と切り離すことのできない災害について、実験室での実演を交えて解説を行います。

発表パート―豊島区・池袋計画2050―

このパートでは、独自の都市計画に基づいた模型の展示や、教授との座談会などを通じて、都市に関する専門的な学術分野についてのさまざまな情報を提供します。

体験パート―ペーパーブリッジコンテスト―

このパートでは、学科の研究内容を身近に感じていただくために、橋の模型の製作を体験することができます。専門的な学術分野を扱う発表パートとは対照的に、小学生でも楽しめる内容となっています。