第95回五月祭
作動する憲法と官僚制の政治史学
牧原 出先生 / 五月祭常任委員会


企画紹介

作動する憲法と官僚制の政治史学

制度の「作動学」やオーラル・ヒストリーなど、政治学の開拓を行ってきた牧原出先生。
3つのテーマを柱として戦後政治史を読み解くことは、コロナ危機や2022年参議院選挙など、現在の日本への深い示唆を与えてくれます。

見えない官僚制を透視する

官僚政治と司法の政治的機能について、「調整」と「独立」という制度原理に着目し研究してきた成果を解説します。
通常は文献・資料などの文字情報を重視する政治史学ではあまり用いられない、口述記録:オーラル・ヒストリーを活用した研究手法にも注目です。

戦後政治における政権交代と政権継承

戦後政治の舞台における政権交代、また同一政権内での政権継承はどのようであったのか。とりわけ政権交代時の官邸機構や政策の転換はどのように行われてきたのか。
こうした観点について、1954年吉田茂内閣から鳩山一郎内閣への政権継承、2009年と2012年の自民・民主間政権交代といった事例を扱い、その構造を明らかにします。

憲法制定から省庁再編・官邸主導の制度の「作動」分析

国家の制度がどのように機能をし得るのかを評価・検証し、制度の在り方を考える「作動学」の観点から、日本国憲法や戦後の内閣・行政について振り返ります。
取りあげるのは、戦後すぐの警察改革と再軍備論争から、2000年前後の省庁再編と「構造改革」、さらに現在における官邸主導での新型コロナウイルス対策の綻びまで。こうした事例を、作動学の視点に立って分析します。

講演者について

牧原 出先生

東京大学先端科学技術研究センター教授
1967年生まれ。1990年、東京大学法学部卒業。東北大学法学部助教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員研究員、東北大学大学院法学研究科教授などを経て2013年より現職。

研究内容

官僚制の歴史研究と政治家・官僚へのオーラル・ヒストリーを用いて、日本政治を研究しながら、現在の政治・行政をウォッチしている。

お気に入り

作動する憲法と官僚制の政治史学

ライブ
録音禁止
撮影禁止
録画禁止
官僚制や政権交代などをテーマに戦後政治史を読み解き、現在の日本への深い示唆を与えます。

スケジュール

作動する憲法と官僚制の政治史学
14日(土) 12:30 14:00
YouTube Live

アーカイブ

展示
録音禁止
撮影禁止
録画禁止
牧原先生による公開講座の様子をご覧ください。

スケジュール

作動する憲法と官僚制の政治史学
14日(土) 14:00 15日(日) 18:00
YouTube
close

五月祭企画出展説明会(第1回企画代表者会議)のご案内

日時と場所

  • 2023年2月3日(金)19:30〜(19:25集合)
    本郷キャンパス工学部2号館1階213号講義室
  • 2023年2月4日(土)13:00〜(12:55集合)
    駒場キャンパス13号館2階1323教室

備考

説明会は両日とも同じ内容となります。 第96回五月祭への企画出展を希望する方は、いずれかの日程にご参加ください。

なお、 対面での参加が難しい方向けに、2月4日(土)19:00よりZoomにてオンラインでの説明会も行います。 ZoomのURLは当日に五月祭公式Twitter( @gogatsusai )で公開する予定です。

The Information Session is also available in English. For more information about the session, click “English” on this page.

お問い合わせは までお願いします。 (スパム防止のため、メールアドレスは画像になっています。)

五月祭公式Twitter( @gogatsusai )でも五月祭についての情報を発信しています。ぜひご覧ください。

皆さまの企画出展をお待ちしております。