第95回五月祭
東京大学フィロムジカ交響楽団五月祭演奏会
東京大学フィロムジカ交響楽団


企画紹介

五月祭では、2022年7月16日に行われる予定の「第56期東京大学フィロムジカ交響楽団定期演奏会」で演奏予定の3曲から、以下のように楽章を抜粋して演奏いたします。

・ドヴォルザーク/序曲《謝肉祭》Op.92
・モーツァルト/交響曲第41番《ジュピター》K.551より第4楽章
・ブラームス/交響曲第2番 Op.73より第1楽章

ドヴォルザーク/序曲《謝肉祭》Op.92

ドヴォルザークの作曲家としての最盛期、1891〜92年に作曲された序曲3部作「自然と人生と愛」《自然のなかで》《謝肉祭》《オセロ》の中の1曲。
陽気なリズムに活気のあるメロディで始まり、美しいソロをつなぐ中間部を終えると再び活気のあるメロディ―が登場する。全体的にお祭り気分になれるにぎやかな曲で、学生のフレッシュさと勢いを感じてもらい、演奏会の幕開けとする。

ブラームス/交響曲第2番 Op.73より第1楽章

伸びやかで明るい曲調から、ベートーヴェンの交響曲第6番に例えられ「ブラームスの『田園』」と呼ばれることもある。
ブラームスが避暑のため訪れていたペルチャッハで1877年に作曲された。冒頭はペルチャッハの美しい風景と呼応しているようで、どこか懐かしさを感じさせる。次第に強く盛り上がり、再現部に入り帰結する。
「沈みゆく太陽が崇高でしかも真剣な光を投げかける楽しい風景」(クレッチマー)と表現されることもあるほど魅力的な楽章である。

モーツァルト/交響曲第41番《ジュピター》K.551より第4楽章

今回演奏する4楽章は、ソナタ形式を取りつつ、「ド-レ-ファ-ミ」(いわゆる「ジュピター音形」)を動機に、緻密なフーガとして構築されている。かのリヒャルト・シュトラウスをして「私は聴いた時天国にいると思った」と言わしめたウィーン古典派の最高傑作は、3年ぶりにお客様の前でお届けする「フィロムジカの五月祭」のフィナーレを飾るに、まさにふさわしい。

お気に入り
投票する

フィロムジカ交響楽団五月祭演奏会ライブ配信

ライブ
録音禁止
撮影禁止
録画禁止
ブラームスの『田園』交響曲とも呼ばれる第2番を初め、のびやかで繊細な曲の数々をフィロムジカが初夏の風に乗せて演奏する。

スケジュール

ドヴォルザーク:序曲《謝肉祭》
15日(日) 10:50 11:04
ブラームス:交響曲第2番より第1楽章
15日(日) 11:09 11:28
モーツァルト:交響曲第41番《ジュピター》より第4楽章
15日(日) 11:33 11:47
YouTube Live

団体紹介

東京大学 フィロムジカ交響楽団

「東京大学フィロムジカ交響楽団」は、東大を中心に30以上の大学の学生総勢約180名からなるオーケストラです。 楽団名(Philomusica)は、ギリシャ語の”philos(愛)”とラテン語の”musica(音楽)”に由来しており「音楽を愛する」という思いが込められています。 団員たちのバックグラウンドは様々でも「音楽を愛する」気持ちは等しく、共に音楽を作り上げていくことは、非常に楽しく幸せな活動です。 私たちは小笠原吉秀先生のご指導の下、年2回の定期演奏会に向けて練習を重ねています。他にも五月祭・駒場祭での演奏や団内でのミニコンサートなど、小編成の室内楽の演奏も行っています。 演奏曲の選出や、演奏会の実施等はすべて団員によって行われており、団員が主体的に運営しているオーケストラです。 入団は学年問わず4月に受け付けております。詳しくは公式HP(https://ut-philomusica.com)をご覧ください。

close

五月祭企画出展説明会(第1回企画代表者会議)のご案内

日時と場所

  • 2023年2月3日(金)19:30〜(19:25集合)
    本郷キャンパス工学部2号館1階213号講義室
  • 2023年2月4日(土)13:00〜(12:55集合)
    駒場キャンパス13号館2階1323教室

備考

説明会は両日とも同じ内容となります。 第96回五月祭への企画出展を希望する方は、いずれかの日程にご参加ください。

なお、 対面での参加が難しい方向けに、2月4日(土)19:00よりZoomにてオンラインでの説明会も行います。 ZoomのURLは当日に五月祭公式Twitter( @gogatsusai )で公開する予定です。

The Information Session is also available in English. For more information about the session, click “English” on this page.

お問い合わせは までお願いします。 (スパム防止のため、メールアドレスは画像になっています。)

五月祭公式Twitter( @gogatsusai )でも五月祭についての情報を発信しています。ぜひご覧ください。

皆さまの企画出展をお待ちしております。