第95回五月祭
東大オケ五月祭特別演奏会
東京大学音楽部管弦楽団


企画紹介

本演奏会では、誰もが一度は耳にしたことのある有名曲を多く演奏いたします。クラシックやオーケストラというと「硬い、眠くなりそう...」という印象をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。しかし、本演奏会ではそのような方にも楽しんでいただけるプログラムをご用意しております。
 「こうもり」序曲や「キャンディード」序曲など誰もが一度は耳にしたことのある明るく愉快な曲、シューマンの喜び溢れる交響曲第一番「春」より第一楽章、華やかな「イタリア奇想曲」、異国情緒溢れる歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」や、大人気ゲーム「ドラゴンクエスト」より序曲など、クラシックの様々な魅力を感じていただける曲を取り揃えております。普段クラシックを聴く方にも、そうでない方にも楽しんでいただけることと思います。

お気に入り
投票する

東大オケ五月祭特別演奏会

ライブ
録音禁止
撮影禁止
録画禁止
東大オケ(音楽部管弦楽団)によるオーケストラの演奏を安田講堂からお送りします。親しみやすい曲から本格的なクラシックも扱います。

スケジュール

東大オケ五月祭特別演奏会
15日(日) 16:45 18:00
YouTube

資料など

プログラムはこちらから閲覧できます。
参考URL
東大オケの五月祭で行う演奏会についてのウェブサイトです。
参考URL
上の配信用リンクがエラーで使えない場合こちらからどうぞ
参考URL

団体紹介

東京大学 音楽部管弦楽団

 当管弦楽団は1920年、東京帝国大学音楽部として発足しました。当時はオーケストラといえば、宮内省や上野の音楽学校の他には九州大・慶應大などいくつかの大学にあるに過ぎず、プロのオケはまだ誕生していませんでした。 その後楽器や楽譜の調達に苦労しながらも発展し、大正から昭和初期にかけては本邦初演の曲も少なくなかったとのことです。  戦後本郷とは別に旧制一高のオケを前身として駒場にもオケが誕生し、最初は別々に演奏活動を行っていましたが1953年に合併しました。昭和30年代(1955年以降)に入ってから著しい発展を遂げ、特に1959年に早川正昭氏が常任指揮者に就任して以来近代曲なども意欲的に取り上げるようになり、部員も増え昭和30年代末までには100人を越えるようになりました。そして1966 年にはヨーロッパ演奏旅行を行い好評を博しました。  その後東大紛争下の新入生の募集停止による部員減少などを始めとする数多くの困難に直面しましたが、現在では約130人の部員を擁する大規模なオーケストラへと発展しています。創立以来近衛秀麿・柴田南雄・別宮貞雄・早川正昭の各氏をはじめ音楽界に数多くの人材を送り出しており、また107回の定期演奏会をはじめ演奏旅行も多数行なっています。

close

五月祭企画出展説明会(第1回企画代表者会議)のご案内

日時と場所

  • 2023年2月3日(金)19:30〜(19:25集合)
    本郷キャンパス工学部2号館1階213号講義室
  • 2023年2月4日(土)13:00〜(12:55集合)
    駒場キャンパス13号館2階1323教室

備考

説明会は両日とも同じ内容となります。 第96回五月祭への企画出展を希望する方は、いずれかの日程にご参加ください。

なお、 対面での参加が難しい方向けに、2月4日(土)19:00よりZoomにてオンラインでの説明会も行います。 ZoomのURLは当日に五月祭公式Twitter( @gogatsusai )で公開する予定です。

The Information Session is also available in English. For more information about the session, click “English” on this page.

お問い合わせは までお願いします。 (スパム防止のため、メールアドレスは画像になっています。)

五月祭公式Twitter( @gogatsusai )でも五月祭についての情報を発信しています。ぜひご覧ください。

皆さまの企画出展をお待ちしております。